これまでオンライン英会話ではフリートークばかりやってきた私ですが、さすがにネタが尽きた感があります。
そこで、初心に返って用意されてある教材を使ってレッスンすることにしてみます。

初心者のAコースから入ることにしました。
以前にも書きましたがNativeCampの初心者コースは中学1年生レベルの内容です。

しかし!少し厳しいのが発音。
ネイティブな発音になるにはLとRの発音をしっかり出来るようにとの事で、何回か矯正されました。

個人的に英語は伝わればいいくらいに考えていたのですが、NativeCampの先生は熱心ですね・・・
全然やる気がないよりは熱心なほうが良いのですけど。

その日レッスンしてくれた3人の先生のうち、ひとりの先生にいい事を教わりました。
それは、LとRの発音が上手くなる早口言葉。

たしか「Red lorry, yellow lorry」。意味は「赤いトロッコ、黄色いトロッコ」です。
それをブツブツ家で言っていれば少しは上達するのでしょうか。

簡単そうに思えて意外と難しいけれど、何回かつぶやいているうちに慣れてきた気もします。
道を歩きながらでもいいので少し時間があったら早口言葉の練習をするのも楽しそう。

教材を使ったレッスンの感想としては、以前はつまらなかったけれど、今回はNativeCampの先生と相性が良かったのか、いくらか時間があまる時もありました。
そんな時は最後にフリートークが出来るのでこの進め方も楽しいかなという思いです。

NativeCampのテキストコンプリートに挑戦http://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/04/text.jpghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/04/text-150x150.jpgboss英会話NativeCamp,教材
これまでオンライン英会話ではフリートークばかりやってきた私ですが、さすがにネタが尽きた感があります。 そこで、初心に返って用意されてある教材を使ってレッスンすることにしてみます。 初心者のAコースから入ることにしました。 以前にも書きましたがNativeCampの初心者コースは中学1年生レベルの内容です。 しかし!少し厳しいのが発音。 ネイティブな発音になるにはLとRの発音をしっかり出来るようにとの事で、何回か矯正されました。 個人的に英語は伝わればいいくらいに考えていたのですが、NativeCampの先生は熱心ですね・・・ 全然やる気がないよりは熱心なほうが良いのですけど。 その日レッスンしてくれた3人の先生のうち、ひとりの先生にいい事を教わりました。 それは、LとRの発音が上手くなる早口言葉。 たしか「Red lorry, yellow lorry」。意味は「赤いトロッコ、黄色いトロッコ」です。 それをブツブツ家で言っていれば少しは上達するのでしょうか。 簡単そうに思えて意外と難しいけれど、何回かつぶやいているうちに慣れてきた気もします。 道を歩きながらでもいいので少し時間があったら早口言葉の練習をするのも楽しそう。 教材を使ったレッスンの感想としては、以前はつまらなかったけれど、今回はNativeCampの先生と相性が良かったのか、いくらか時間があまる時もありました。 そんな時は最後にフリートークが出来るのでこの進め方も楽しいかなという思いです。