真夏の夜の風物詩、それは花火。
花火は中国が起源とされていますが、日本の花火も美しいです。

外国よりも花火大会が多いとは思っていましたが、外国から留学してきた方々が驚くほどその数は多いようです。

よく見る円状の丸い花火が打上花火と呼ばれています。
花火が出来たばかりの頃は、その技術の難しさからあまり作られていませんでした。
しかし明治以降はこのような花火を多く作ることに成功したそうです。

日本の夏では、盛大なお祭りがある中、各家庭や友達同士でもおもちゃ花火をすることがあります。
そのなかの線香花火。これは日本で作られたもので、おもちゃ花火の【〆】としても有名ですね。

今では中国産が多いようですが、おもちゃ花火も是非とも楽しんでいただきたいという気持ちです。

話を少し戻し、打ち上げ花火が使用される花火大会では必ずと言ってよいほど屋台が並んでいます。
その雰囲気も実際に楽しんでもらいたい。

屋台では冷たいきゅうりを売っている店もあります。だいたい1本200円。
普通に考えると「高い!」ですが、暑さとお祭りのワクワク感からつい買ってしまいます。

お祭りの屋台では当たり前のようにある、たこ焼き・焼きそば・ソーセージなども高い。
しかしそれを気にしないくらい楽しめるのが花火大会の良いところでもありますね。

花火を見に行こう!http://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/04/hanabi.jpghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/04/hanabi-150x150.jpgboss観光日本
真夏の夜の風物詩、それは花火。 花火は中国が起源とされていますが、日本の花火も美しいです。 外国よりも花火大会が多いとは思っていましたが、外国から留学してきた方々が驚くほどその数は多いようです。 よく見る円状の丸い花火が打上花火と呼ばれています。 花火が出来たばかりの頃は、その技術の難しさからあまり作られていませんでした。 しかし明治以降はこのような花火を多く作ることに成功したそうです。 日本の夏では、盛大なお祭りがある中、各家庭や友達同士でもおもちゃ花火をすることがあります。 そのなかの線香花火。これは日本で作られたもので、おもちゃ花火の【〆】としても有名ですね。 今では中国産が多いようですが、おもちゃ花火も是非とも楽しんでいただきたいという気持ちです。 話を少し戻し、打ち上げ花火が使用される花火大会では必ずと言ってよいほど屋台が並んでいます。 その雰囲気も実際に楽しんでもらいたい。 屋台では冷たいきゅうりを売っている店もあります。だいたい1本200円。 普通に考えると「高い!」ですが、暑さとお祭りのワクワク感からつい買ってしまいます。 お祭りの屋台では当たり前のようにある、たこ焼き・焼きそば・ソーセージなども高い。 しかしそれを気にしないくらい楽しめるのが花火大会の良いところでもありますね。