前にも電車の話題は記事にしたことがありますが、今回は満員電車の話。
特に朝の通勤ラッシュと呼ばれる時間帯はタイトルどおりまさに1ミリも動けない状態になります。

ここで可哀相なのは男性。
痴漢に間違われないように毎日が必死です。

両手をわざと上にあげている人も大勢います。
それでも密着してしまうので、出来る限り近づかないように女性に気を使いますよね。

つり革に掴まっていてもカーブで揺れるときは座っている人にまで体かグニャリと曲がってしまいます。
私はつり革から手を離さないように踏ん張りましたが離れてしまった時がありました。

それでも座っている人にぶつかるまいと必死で、離れた手は電車の窓に「バタン!」と付きました。
朝から『何でこんなことで必死にならなくてはならないのだろう・・・』と思ってしまいます。

通勤ラッシュ以外の電車内は本当に快適なだけに、その雲泥の差が憎いです。
これだけは何とかならないものかといつも思っています。

観光の時には満員電車の心配はしなくても大丈夫だと思います。
ローカルな電車かか新幹線などに乗ることが多いだろうし、通勤ラッシュと呼ばれる時間帯がないからです。

日本に訪れてこのスリルを楽しみたいという変わり者の人は、一度は経験してみるのも良いかも知れません(笑)

満員電車は1ミリも動けないhttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/05/manindensha.pnghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/05/manindensha-150x150.pngboss観光その他,日本
前にも電車の話題は記事にしたことがありますが、今回は満員電車の話。 特に朝の通勤ラッシュと呼ばれる時間帯はタイトルどおりまさに1ミリも動けない状態になります。 ここで可哀相なのは男性。 痴漢に間違われないように毎日が必死です。 両手をわざと上にあげている人も大勢います。 それでも密着してしまうので、出来る限り近づかないように女性に気を使いますよね。 つり革に掴まっていてもカーブで揺れるときは座っている人にまで体かグニャリと曲がってしまいます。 私はつり革から手を離さないように踏ん張りましたが離れてしまった時がありました。 それでも座っている人にぶつかるまいと必死で、離れた手は電車の窓に「バタン!」と付きました。 朝から『何でこんなことで必死にならなくてはならないのだろう・・・』と思ってしまいます。 通勤ラッシュ以外の電車内は本当に快適なだけに、その雲泥の差が憎いです。 これだけは何とかならないものかといつも思っています。 観光の時には満員電車の心配はしなくても大丈夫だと思います。 ローカルな電車かか新幹線などに乗ることが多いだろうし、通勤ラッシュと呼ばれる時間帯がないからです。 日本に訪れてこのスリルを楽しみたいという変わり者の人は、一度は経験してみるのも良いかも知れません(笑)