タイトルとは逆に、私は落語を観にいったことがありません。
この場合は聴きに行ったことがないと表現した方が正しいのでしょうか?

それはさておき、有名な日本の落語を海外の人に説明できないなんて悲しいことではないですか。
日本語のわからない外国人が観ても意味はわからないかも知れませんが、蕎麦をすする音を出したり様々な効果音を出すことができたりする噺家さんは凄いと思いませんか?

もしも「落語とはなんぞや」と訊かれ、説明をするときには「プロの噺家がいて自分の想像力を活かして楽しむことが出来るもの」と答えることが出来たらいいですね。
本当はもっと奥が深いものなので、オリンピックを期に私も一度は観にいってみたいです。

世界には似たようなものはないのだろうかと調べてみると、中国の【単口相声】というのが落語に近いようです。
西洋では落語のようなものはなさそうですね。

もしもテレビで落語を観たら、きっと衣装(和服)にも興奮してもらえそうです。
和の物には何かと喜んでもらえるというのは日本に住むものとして嬉しいですね。

落語を観にいきましょうhttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/03/rakugo.pnghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/03/rakugo-150x150.pngboss観光日本
タイトルとは逆に、私は落語を観にいったことがありません。 この場合は聴きに行ったことがないと表現した方が正しいのでしょうか? それはさておき、有名な日本の落語を海外の人に説明できないなんて悲しいことではないですか。 日本語のわからない外国人が観ても意味はわからないかも知れませんが、蕎麦をすする音を出したり様々な効果音を出すことができたりする噺家さんは凄いと思いませんか? もしも「落語とはなんぞや」と訊かれ、説明をするときには「プロの噺家がいて自分の想像力を活かして楽しむことが出来るもの」と答えることが出来たらいいですね。 本当はもっと奥が深いものなので、オリンピックを期に私も一度は観にいってみたいです。 世界には似たようなものはないのだろうかと調べてみると、中国の【単口相声】というのが落語に近いようです。 西洋では落語のようなものはなさそうですね。 もしもテレビで落語を観たら、きっと衣装(和服)にも興奮してもらえそうです。 和の物には何かと喜んでもらえるというのは日本に住むものとして嬉しいですね。