日本を代表するもののひとつ【相撲】も少しずつですが海外進出していますね。
オーストラリアでは凄くユニークな大会もありました。

それは、”女性の相撲”です。
もう何年も前にテレビのニュース映像で観たものです。

記憶では、上はTシャツ下はスパッツを履いてふんどしをつけていました。
なかなか面白い催し物だなという感想です。

相撲も、モンゴル相撲などあるのでハッキリどこが発祥の地なのかは私には分かりません。
またWikiさんのお世話になって見ましょう。

要約すると、【日本の相撲】と【モンゴル相撲】は別物であるということ。
日本では、その組手が相撲に似ているからモンゴル相撲といっているだけであり、ヨーロッパでは、その姿がレスリングに似ていることから【モンゴリアン・レスリング】というそうです。

ルールも服装も違うものなので、おなじ競技ではないのですね。
改めて納得しました。

ということは、日本の相撲を観に来る外国の方々が増える可能性も大きいです。
観戦時の作法なども英訳しなくてはなりません。

やはりオリンピックに向けて英会話、英語力は高めておくに越したことはないと改めて考えさせられます。

相撲はどうですか?http://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/03/sumou.pnghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/03/sumou-150x150.pngboss観光和英,日本
日本を代表するもののひとつ【相撲】も少しずつですが海外進出していますね。 オーストラリアでは凄くユニークな大会もありました。 それは、”女性の相撲”です。 もう何年も前にテレビのニュース映像で観たものです。 記憶では、上はTシャツ下はスパッツを履いてふんどしをつけていました。 なかなか面白い催し物だなという感想です。 相撲も、モンゴル相撲などあるのでハッキリどこが発祥の地なのかは私には分かりません。 またWikiさんのお世話になって見ましょう。 要約すると、【日本の相撲】と【モンゴル相撲】は別物であるということ。 日本では、その組手が相撲に似ているからモンゴル相撲といっているだけであり、ヨーロッパでは、その姿がレスリングに似ていることから【モンゴリアン・レスリング】というそうです。 ルールも服装も違うものなので、おなじ競技ではないのですね。 改めて納得しました。 ということは、日本の相撲を観に来る外国の方々が増える可能性も大きいです。 観戦時の作法なども英訳しなくてはなりません。 やはりオリンピックに向けて英会話、英語力は高めておくに越したことはないと改めて考えさせられます。