いまこの記事を書いているのは現在2015年の5月。
新国立競技場について世間が賑わいでいます。

kokuritsukyougijou

※写真は2014年2月千駄ヶ谷の国立競技場

まずは新たなデザイン面についてさまざまな声が寄せられていることから始まっています。

個人的に1番印象が強い酷評は【巨大な粗大ゴミ】。ちなみに私は建築の知識ゼロです。

ちなみに設計者は、ロンドン五輪水泳競技場のもデザインしている方です。
ドイツ・イタリアなどでも大掛かりな設計をされているとのこと。

さて、この新国立競技場、計画では2019年の3月完成の目処がたっているようです。

しかしここで新たなニュースが舞い込んできました。

なんと、『2020年の東京オリンピックに間に合わないかもしれない』という衝撃的なニュースです。
新国立競技場の設計上で開閉式屋根ができるされる予定ですが、なんと今回の目玉であるその屋根の設置が間に合わないという噂。

また、計画全体があやふやになってきていることに国民の不信感があらわになってきています。
もともとの計画よりも競技場解体が大幅に遅れをとったこと、新国立競技場のデータに誤りがあったこと。

これらも含み建設反対団体までもがこの遅れや変更にあきれている状況と見えます。

個人的にせめて屋根が設置されなくては新国立競技場建設計画の意味はないという様に思えてきてなりません。
現在2015年といえども2020年までに5年をきっています。どうなることやら競技場・・・

東京オリンピックに間に合わない!?どうなる新国立競技場http://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/05/kokuritsukyougijou.jpghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/05/kokuritsukyougijou-150x150.jpgboss日本オリンピック
いまこの記事を書いているのは現在2015年の5月。 新国立競技場について世間が賑わいでいます。 まずは新たなデザイン面についてさまざまな声が寄せられていることから始まっています。 個人的に1番印象が強い酷評は【巨大な粗大ゴミ】。ちなみに私は建築の知識ゼロです。 ちなみに設計者は、ロンドン五輪水泳競技場のもデザインしている方です。 ドイツ・イタリアなどでも大掛かりな設計をされているとのこと。 さて、この新国立競技場、計画では2019年の3月完成の目処がたっているようです。 しかしここで新たなニュースが舞い込んできました。 なんと、『2020年の東京オリンピックに間に合わないかもしれない』という衝撃的なニュースです。 新国立競技場の設計上で開閉式屋根ができるされる予定ですが、なんと今回の目玉であるその屋根の設置が間に合わないという噂。 また、計画全体があやふやになってきていることに国民の不信感があらわになってきています。 もともとの計画よりも競技場解体が大幅に遅れをとったこと、新国立競技場のデータに誤りがあったこと。 これらも含み建設反対団体までもがこの遅れや変更にあきれている状況と見えます。 個人的にせめて屋根が設置されなくては新国立競技場建設計画の意味はないという様に思えてきてなりません。 現在2015年といえども2020年までに5年をきっています。どうなることやら競技場・・・