オリンピック会場の着工が遅れていることは周知のことだと思います。
以前記事にしたときには触れなかったことを今回は書きます。

着工遅れの原因とされているのは、なんと【人手不足】という原因も明らかになりました。
とくに重要とされる鳶職人の不足が補えないというのが2015年の現状です。

鳶職人てそんなに大事な役割をはたすの?と思っている方々がいたら、迷うことなく「はい。かなり重要です。」と答えます。
オリンピック会場にしても何を建設するにしても、職人がいないと始まりません。

コンピュータの発達により人手が掛からないようになったように見える世の中。
しかしそれを作るのもまた人の手であります。

人の手が入らなくなるということは、この先ありえないことだと私は思っています。
もしもコンピュータがコンピュータを作るような世の中になってしまったら、と大人ならだれでも考えたことがあるのではないでしょうか。

それはとてつもなく恐ろしいことで、人間はいつか排除されるでしょう。
このようなことまで考えてロボット設計をしていかなくてはいけないのですね。

話を戻し、鳶職人の不足年齢層には偏りがあるとの事。
結論をいうと【若い鳶職人】が足りないというのです。

昔気質の職人の世界、これに付いて来る事ができる若い層が圧倒的に少ないのだそう。
この職人文化を守っていくことがどれほど大事なことかは私には分かりません。

ただ、若い者にも先輩方にも”辛抱”というものが必要となることは、どの仕事も同じです。
少しずつだけど確実に変わり行く中、昔気質でいつづけるだけではオリンピックどころか通常の社会も成り立たないのかも知れません。

着工遅れにはこんな原因もhttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/07/shokunin.jpghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/07/shokunin-150x150.jpgboss日本オリンピック,その他
オリンピック会場の着工が遅れていることは周知のことだと思います。 以前記事にしたときには触れなかったことを今回は書きます。 着工遅れの原因とされているのは、なんと【人手不足】という原因も明らかになりました。 とくに重要とされる鳶職人の不足が補えないというのが2015年の現状です。 鳶職人てそんなに大事な役割をはたすの?と思っている方々がいたら、迷うことなく「はい。かなり重要です。」と答えます。 オリンピック会場にしても何を建設するにしても、職人がいないと始まりません。 コンピュータの発達により人手が掛からないようになったように見える世の中。 しかしそれを作るのもまた人の手であります。 人の手が入らなくなるということは、この先ありえないことだと私は思っています。 もしもコンピュータがコンピュータを作るような世の中になってしまったら、と大人ならだれでも考えたことがあるのではないでしょうか。 それはとてつもなく恐ろしいことで、人間はいつか排除されるでしょう。 このようなことまで考えてロボット設計をしていかなくてはいけないのですね。 話を戻し、鳶職人の不足年齢層には偏りがあるとの事。 結論をいうと【若い鳶職人】が足りないというのです。 昔気質の職人の世界、これに付いて来る事ができる若い層が圧倒的に少ないのだそう。 この職人文化を守っていくことがどれほど大事なことかは私には分かりません。 ただ、若い者にも先輩方にも”辛抱”というものが必要となることは、どの仕事も同じです。 少しずつだけど確実に変わり行く中、昔気質でいつづけるだけではオリンピックどころか通常の社会も成り立たないのかも知れません。