1度は耳にしたことがあると思いますが、『日本には沢山の神々がいる』ということを一言で表した言葉です。

日本にはいたる所にの神社・お寺があります。
【○○の守り神】や【○○の神様】といわれる場所も多くあります。

それに、キリスト教徒でもないのにクリスマスイベントが行われたり、かと思えばすぐにお正月という一大イベントが待っています。
クリスマスに関してはキリスト教徒とは違い、クリスマスカードを出すほどではないけれど、新年の挨拶はまだまだハガキや電子メールでもやり取りされています。

そして、初詣に行く人が沢山います。
お祭り好きなのか、いろいろなことを信じる心があるのか分かりませんが、何かと行事が多いことで私は日本が好きです。

節句もそのひとつで、五節句と呼ばれるものが日本にはあります。
【七草・桃&雛祭・菖蒲・七夕・菊】です。どれもイメージつきやすいもので日本人には親しまれています。

雛祭に関して外国人の反応は様々。
女の子がすくすくと育ってくれるように祈る日ということは伝えることができると思います。

しかしなぜ人形を飾るのかと聞かれると、私も答えることか出来ません。
もう少し自分の生まれた国の文化を知っていたほうがいいかもしれません。

八百万の神と節句http://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/04/kamisama-1024x768.jpghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/04/kamisama-150x150.jpgbossその他日本
1度は耳にしたことがあると思いますが、『日本には沢山の神々がいる』ということを一言で表した言葉です。 日本にはいたる所にの神社・お寺があります。 【○○の守り神】や【○○の神様】といわれる場所も多くあります。 それに、キリスト教徒でもないのにクリスマスイベントが行われたり、かと思えばすぐにお正月という一大イベントが待っています。 クリスマスに関してはキリスト教徒とは違い、クリスマスカードを出すほどではないけれど、新年の挨拶はまだまだハガキや電子メールでもやり取りされています。 そして、初詣に行く人が沢山います。 お祭り好きなのか、いろいろなことを信じる心があるのか分かりませんが、何かと行事が多いことで私は日本が好きです。 節句もそのひとつで、五節句と呼ばれるものが日本にはあります。 【七草・桃&雛祭・菖蒲・七夕・菊】です。どれもイメージつきやすいもので日本人には親しまれています。 雛祭に関して外国人の反応は様々。 女の子がすくすくと育ってくれるように祈る日ということは伝えることができると思います。 しかしなぜ人形を飾るのかと聞かれると、私も答えることか出来ません。 もう少し自分の生まれた国の文化を知っていたほうがいいかもしれません。