日本の家、特に一軒家はフローリングの部屋のほかに和室を作る場合が多いです。
もちろん全ての部屋がフローリングであるという家もあるでしょう。特にマンションではそうかもしれません。

ところで、なぜ日本人は畳をこよなく愛するのでしょう。
新しい畳の匂いに安心感を抱く人もいるのではないでしょうか。

私もその1人です。半年くらい前に実家に帰ったときの事。
いつもと違う香りがしました。すぐに畳が新しくなったのだと気づきました。

畳というものは、日本の風土に適しているそうです。
湿度が高い日本では畳に使われる草との相性がよいとの事。

例えば私たちは室内に入るときには靴をぬぎます。
それは、日本の土質のせい。外国で靴をぬがないのも土の質が違うからと中学の英語の先生が言っていました。

日本の土はやや湿っていてそのまま部屋に入ると靴あとが残ります。
それに比べ、靴をぬぐ文化の外国では土がサラサラしていると聞きます。

そのため靴をぬがなくてもよい国が存在します。畳が使われない理由はそこにあります。
逆に、先に述べたように湿土が高い日本では靴をぬぐ。靴をぬいだ足には畳が合う、座り心地やさわり心地が良いとされています。

さらにマンションなど畳がない部屋でも畳の質感を味わえるように、畳カーペットまで販売されているのはなぜか。
日本の畳の心地よさに根強い人気があるからでしょう。

畳を愛する日本http://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/04/tatami.jpghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/04/tatami-150x150.jpgbossその他国,日本
日本の家、特に一軒家はフローリングの部屋のほかに和室を作る場合が多いです。 もちろん全ての部屋がフローリングであるという家もあるでしょう。特にマンションではそうかもしれません。 ところで、なぜ日本人は畳をこよなく愛するのでしょう。 新しい畳の匂いに安心感を抱く人もいるのではないでしょうか。 私もその1人です。半年くらい前に実家に帰ったときの事。 いつもと違う香りがしました。すぐに畳が新しくなったのだと気づきました。 畳というものは、日本の風土に適しているそうです。 湿度が高い日本では畳に使われる草との相性がよいとの事。 例えば私たちは室内に入るときには靴をぬぎます。 それは、日本の土質のせい。外国で靴をぬがないのも土の質が違うからと中学の英語の先生が言っていました。 日本の土はやや湿っていてそのまま部屋に入ると靴あとが残ります。 それに比べ、靴をぬぐ文化の外国では土がサラサラしていると聞きます。 そのため靴をぬがなくてもよい国が存在します。畳が使われない理由はそこにあります。 逆に、先に述べたように湿土が高い日本では靴をぬぐ。靴をぬいだ足には畳が合う、座り心地やさわり心地が良いとされています。 さらにマンションなど畳がない部屋でも畳の質感を味わえるように、畳カーペットまで販売されているのはなぜか。 日本の畳の心地よさに根強い人気があるからでしょう。