オリンピックといえばメダル。
メダルは金銀銅とあり、1位は輝かしい金、2位は銀、3位は銅というのも誰しも知っていることですよね。

実際は銅メダルにお金がかかっているという声もあります。これはウソ情報。
しかし金メダルが純金ではないのは有名ですね。

銀メダルに金のメッキが施されているのが金メダルです。
そのため金メダルでも1つのメダルに対しコストは4万円くらいです。

やはり純金ではないというのは少しショックですよね。私も初めてその事実を知ったときはショックでした。
しかしあまりにも金が少なすぎたり多すぎたりしないように、規定の量やサイズ・厚さがあります。

純度100%で作っていたら、種目が多い中での開催ですのでお金が掛かりすぎてしまうのが現実。
しかしメダルの価値は値段では図り知れません。オリンピックのために培ってきた努力がメダルとして表されたら、さぞ嬉しいことでしょう。

オリンピックに出るというだけでも素晴らしいことですけれど。
先に、メダルの価値は値段ではないと書きましたが、日本人選手がメダルを半分に割ったという出来事はご存知でしょうか。

これは、選手個人からしてみれぱ同一2位の銀メダルであったのにも関わらず、大会規定で2位と3位、つまり銀メダルと銅メダルの選手が決定されたこと発端となります。
帰国後、「半分づつに割って強力な接着剤でくっつけよう」ということになり、銀半分&銅半分のメダルが出来あがりました。

このように綴っていると、やはりメダルはの価値は値段ではないということが伝わってきます。
もちろん、オリンピック出場の価値はメダルではないという考えもあって良いと思います。

メダルの真相はいかにhttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/03/medaru.pnghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/03/medaru-150x150.pngboss世界オリンピック,日本
オリンピックといえばメダル。 メダルは金銀銅とあり、1位は輝かしい金、2位は銀、3位は銅というのも誰しも知っていることですよね。 実際は銅メダルにお金がかかっているという声もあります。これはウソ情報。 しかし金メダルが純金ではないのは有名ですね。 銀メダルに金のメッキが施されているのが金メダルです。 そのため金メダルでも1つのメダルに対しコストは4万円くらいです。 やはり純金ではないというのは少しショックですよね。私も初めてその事実を知ったときはショックでした。 しかしあまりにも金が少なすぎたり多すぎたりしないように、規定の量やサイズ・厚さがあります。 純度100%で作っていたら、種目が多い中での開催ですのでお金が掛かりすぎてしまうのが現実。 しかしメダルの価値は値段では図り知れません。オリンピックのために培ってきた努力がメダルとして表されたら、さぞ嬉しいことでしょう。 オリンピックに出るというだけでも素晴らしいことですけれど。 先に、メダルの価値は値段ではないと書きましたが、日本人選手がメダルを半分に割ったという出来事はご存知でしょうか。 これは、選手個人からしてみれぱ同一2位の銀メダルであったのにも関わらず、大会規定で2位と3位、つまり銀メダルと銅メダルの選手が決定されたこと発端となります。 帰国後、「半分づつに割って強力な接着剤でくっつけよう」ということになり、銀半分&銅半分のメダルが出来あがりました。 このように綴っていると、やはりメダルはの価値は値段ではないということが伝わってきます。 もちろん、オリンピック出場の価値はメダルではないという考えもあって良いと思います。