大きな競技大会などに必ずいるのは、選手やコーチたちだけではありません。
オリンピックにももちろんボランティアが必要となります。

日本で開催される東京オリンピックでは約8万人のボランティアを募集する予定との事。
過去をさかのぼって調べてみると、大会毎にボランティアの募集人数は多くなっているようです。

募集はオリンピック開催の3年から4年前には開始して、あまりの応募の数からすぐに締め切られてしまうようです。
東京オリンピックで多くの人が予想している募集年は2016年。

この記事を書いている今ならまだ間に合いますね。
とはいっても『自分の英語力じゃ・・・』と思っている人も多いでしょう。

それを言ってはなにも始まりません。
だったら「英語以外の言語で勝負すればいいじゃないか」

そう、実はオリンピックのボランティア募集資格は必ずしも英語が出来なくてはならないというわけではありません。
私たち日本人のような英語圏以外の観客や選手もいることから、なにかの言語に秀でていれば可能性はあります。

言語の他には、怪我人が出たときに応急処置ができる人員も必要とされます。
看護師の資格をもっている方は有利かもしれませんね。

どのみちボランティアにはテストがあるようですから、何が必要とされているか、今から調べておいた方がお得です。

ボランティアでオリンピックに参加http://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/03/volunteer.jpghttp://tokyoolympic.bz/wp-content/uploads/2015/03/volunteer-150x150.jpgboss世界オリンピック,日本,英会話
大きな競技大会などに必ずいるのは、選手やコーチたちだけではありません。 オリンピックにももちろんボランティアが必要となります。 日本で開催される東京オリンピックでは約8万人のボランティアを募集する予定との事。 過去をさかのぼって調べてみると、大会毎にボランティアの募集人数は多くなっているようです。 募集はオリンピック開催の3年から4年前には開始して、あまりの応募の数からすぐに締め切られてしまうようです。 東京オリンピックで多くの人が予想している募集年は2016年。 この記事を書いている今ならまだ間に合いますね。 とはいっても『自分の英語力じゃ・・・』と思っている人も多いでしょう。 それを言ってはなにも始まりません。 だったら「英語以外の言語で勝負すればいいじゃないか」 そう、実はオリンピックのボランティア募集資格は必ずしも英語が出来なくてはならないというわけではありません。 私たち日本人のような英語圏以外の観客や選手もいることから、なにかの言語に秀でていれば可能性はあります。 言語の他には、怪我人が出たときに応急処置ができる人員も必要とされます。 看護師の資格をもっている方は有利かもしれませんね。 どのみちボランティアにはテストがあるようですから、何が必要とされているか、今から調べておいた方がお得です。